モンスターペイシェント

You are currently browsing the archive for the モンスターペイシェント category.

看護師の役割として求められているのが患者との接点を持つことであり、医療従事者の中で最も患者と親しみをもって話ができる存在として位置づけられています。その役割を果たすことが仕事のやりがいともなるものの、現実問題として患者との付き合いが苦しく感じられてしまうケースもあることは否めません。

その典型例として知られてきたのがモンスターペイシェントの存在でした。モンスターペイシェントによって理不尽に伝えられる苦情をいかにして受け流すかは大きな課題であり、看護師にとって最も大きな職場での苦労として理解されていたこともあったのです。
現在でもモンスターペイシェントが全くいなくなったわけではありませんが、大病院を中心として警備員の配置が行われた影響も受けて収束してきています。しかし、必ずしもすべての病院でモンスターペイシェントへの対策が進んでいるわけではありません。苦労を避けるためには安心して働ける職場を探すことが必要になるのが現状です。

大病院では警備員の配置をする程度の費用を捻出することができるものの、中病院以下になるとそれが困難になる場合もあります。警備員の配置が難しい場合には監視カメラの配置によってカバーしている現場もあり、それによって被害が緩和されているのも事実です。
さまざまな対策が実践され、全体としてモンスターペイシェントの状況は改善に向かっています。ただでさえ人材不足の看護師たちの足を引っ張らないためにも、国全体で呼びかけをしてモンスターペイシェントが居づらくなるような病院環境をつくることが望まれています。

Tags: